コンサルタントの時間割

先週、『カンバン仕事術』(オライリー・ジャパン)の打ち上げがありました。訳者5人中4人が、いわゆるインディペンデントな「アジャイルコンサルタント/コーチ」なので、話題は当然ながら「そういう話」が多かったです。

そこで、訳者のひとりであるやっとむさんから、ワインバーグのコンサルタントの時間割の話を聞いたので、本を読み返してみました。その本とは(当然ながら)『コンサルタントの秘密』です。

該当箇所はp.193あたりですね。表現がわかりにくいのですが……ざっくりまとめると、こういう感じになります。

  • 25%をマーケティング(人目に触れる活動)に費やす
  • 25%を何もしないで過ごす
  • ▼ここからが(いわゆる)仕事▼
  • 25%は管理上の費用
  • 5%はバッファ
  • 20%が正味働く時間

20%の仕事ですべてをまかなうわけですから、本来想定する時間単価の5倍の料金を請求しなければいけない……ということになります。そして、追い打ちをかけるように、ワインバーグはこう言ってます。

五倍にしたのではお客がつきそうにないと思うなら、読者は職業選択を間違えたのである。

よーし、1日50万で月4日働いて、月収200万円を目指すぞー(白目)。

角 征典(かど まさのり)@kdmsnr

ワイクル株式会社 代表取締役、東京工業大学 環境・社会理工学院 特任講師。アジャイル開発やリーンスタートアップに関する書籍の翻訳を数多く担当し、それらの手法を企業に導入するコンサルティングに従事。主な訳書に『リーダブルコード』『Running Lean』『Team Geek』(オライリー・ジャパン)、『エクストリームプログラミング』『アジャイルレトロスペクティブズ』(オーム社)、『図解リーン・スタートアップ成長戦略』(日経BP社)、『Clean Coder』(KADOKAWA)など。大学では、起業家育成プログラムにおいて、「デザイン思考基礎」および企業と連携したPBL型講義「エンジニアリングデザインプロジェクト」を担当。共著書に『エンジニアのためのデザイン思考入門』(翔泳社)がある。