HackU 東京工業大学 2016 事前説明会

説明会やってきましたよ。ヤフーさんのご協力で、なかなかイイ感じのものになったんじゃないかと思います。西田さんのハルロックがきっかけでMakerに出展するまでの話も、東工大OBのHackUの説明も、小野澤さんのアイデアソン(とそのファシリ)も全部よかった。アンケートを見ると、1人を除いて「参加したいと思った」と答えてくれたので、これは本番が楽しみですね!!(その1人は友達に誘われてきたらしい……ごめんなさいね)。

ついでに、私のスライドも置いときます。

で、やる前からなんとなくわかってましたけど、学生のみなさんはチーム作るのが大変そうでした。もちろん全員がそうというわけじゃないんだけど。とはいえ、アイデアソンのときに強制的にチームを分けると、それなりにちゃんとやれてるので、チーム作るまでのハードルをどれだけ下げるか、みたいなところをサポートしてあげられるといいのかもしれない。たまたまYAPC::Asiaの「ぼっち対策」の記事を見てましたが、ああいうのが必要かもしれません。

個人的に驚いたのは、アイデアソンのときに机の向きを変えた学生がいたこと。スクール形式からグループワークしやすい向きに反転したのです。これは社会人でもやれる人は意外と少ない!! へぇやるなぁと思ってたら、発表したアイデアもすごかった。ハッカソンの経験もあるみたいだし、こういうイケてる学生はもっと表に出てくるといいですね!!(もう出てるのかもしれないけどさ)

逆に反省すべきは、時間が情報系のガイダンスとかぶったことですね……でも、こっちは2月から予定してたから(震え声)。あと広報も足りなかったらしい。自分としては頑張ったんですけどねえ、学生にリーチするまでは遠かった。ひとまず学科ごとの掲示板にチラシ貼るところから始めたいと思います。

参加者は募集中ですので、東工大の学生さんは是非ご参加ください。

角 征典(かど まさのり)@kdmsnr

ワイクル株式会社 代表取締役、東京工業大学 環境・社会理工学院 特任講師。アジャイル開発やリーンスタートアップに関する書籍の翻訳を数多く担当し、それらの手法を企業に導入するコンサルティングに従事。主な訳書に『リーダブルコード』『Running Lean』『Team Geek』(オライリー・ジャパン)、『エクストリームプログラミング』『アジャイルレトロスペクティブズ』(オーム社)、『図解リーン・スタートアップ成長戦略』(日経BP社)、『Clean Coder』(KADOKAWA)など。大学では、起業家育成プログラムにおいて、「デザイン思考基礎」および企業と連携したPBL型講義「エンジニアリングデザインプロジェクト」を担当。共著書に『エンジニアのためのデザイン思考入門』(翔泳社)がある。