Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

著者: Brian W. Fitzpatrick, Ben Collins-Sussman
出版日: 2013-07-20
出版社/メーカー: オライリージャパン
カテゴリ: Book

ギークが思い描く理想のチーム像は、自己啓発のそれとよく似ている。ソフトウェア開発はチームスポーツである。HRT(謙虚・尊敬・信頼)の原則が大切。有害な人に対処するには?など。

あなたのチームは、機能してますか?

著者: パトリック・レンシオーニ
出版日: 2003-06-18
出版社/メーカー: 翔泳社
カテゴリ: Book

チームができないのは、5つの機能不全があるからだ。それぞれについて、有効な回避策と具体的な質問シートが載っている。非常に有用。

  1. 信頼の欠如 ← 弱みを見せる
  2. 衝突への恐怖 ← 徹底的に議論する
  3. 責任感の不足 ← 決定と手順の明確化など
  4. 説明責任の回避 ← 定期的なレビューなど
  5. 結果への無関心 ← チーム単位の報酬など
アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の手引き

著者: Esther Derby, Diana Larsen
出版日: 2007-09
出版社/メーカー: オーム社
カテゴリ: Book

チーム開発を推奨するアジャイル開発では、最初に「ふりかえり」を取り入れることが重要とされる。そのためのプラクティスを網羅した一冊。

ソフトウェア開発を成功させるチームビルディング 5人のチームを上手に導く現場リーダ...

著者: 岡島 幸男
出版日: 2009-03-26
出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
カテゴリ: Book

グループからチームにするための方法。チームメンバーの内面を重視しているところが特徴。アジャイル開発手法の実践的な使い方が示されている。議事録の書き方も素晴らしい。これからリーダーになり、プロジェクトを運営していく人は必読と思われる。

組織パターン

著者: James O. Coplien, Neil B. Harriosn
出版日: 2013-08-05
出版社/メーカー: 翔泳社
カテゴリ: eBooks

組織によるソフトウェア開発の実践的なプラクティスがパターン形式でまとめられているもの。パターン形式なので読みにくいが、パラパラめくるだけでも効果がある。

チームの心を一つにする技術 “常勝リーダー”だけが知っている

著者: 村田 祐造
出版日: 2010-01-21
出版社/メーカー: 日本実業出版社
カテゴリ: Book

スポーツのチームづくり。敬意と傾聴による「感謝」の増加。そこから失敗に対する寛容とプロセスの改善をつなげて、最終的に「挑戦」を起こさせる。モデルとしては納得できるもの。ビジネスにも応用できそう。ただし、後半のワークは海外の研修っぽくてちょっと微妙。

組織戦略の考え方―企業経営の健全性のために (ちくま新書)

著者: 沼上 幹
出版日: 2003-03
出版社/メーカー: 筑摩書房
カテゴリ: Book

組織デザインについて手っ取り早く学べる。特に「第1部 組織の基本」は参考になる。

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み (PHPビジネス新書)

著者: 若林 計志
出版日: 2013-02-20
出版社/メーカー: PHP研究所
カテゴリ: Book

マネジメントコントロールシステムズ(Management Control Systems: Performance Measurement, Evaluation and Incentives (Financial Times (Prentice Hall)))の説明。行動コントロール、結果コントロール、環境コントロール。大変素晴らしい内容。

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践

著者: ロバート・キーガン, リサ・ラスコウ・レイヒー
出版日: 2013-10-24
出版社/メーカー: 英治出版
カテゴリ: Book

人間というソフトシステムの理解のために、免疫マップ「改善目標」、「阻害行動」、「裏の目標(不安)」、「強力な固定観念(思い込み)」というツールが紹介されている。

コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 (Harva...

著者: エティエンヌ・ウェンガー, リチャード・マクダーモット, ウィリアム・M・スナイダー, 櫻井 祐子, 野中 郁次郎, 野村 恭彦
出版日: 2002-12-18
出版社/メーカー: 翔泳社
カテゴリ: Book

なぜチームを作るのか。それは野中郁次郎の言う知識創造の「場」を作るために他ならない。その場(コミュニティオブプラクティス)を生み出すための方法。

プレイフル・シンキング

著者: 上田 信行
出版日: 2009-07-03
出版社/メーカー: 宣伝会議
カテゴリ: Book

楽しく学ぶための場づくり。TKF(つくって、かたって、ふりかえる)モデル。

チーム思考

著者: グロービス
出版日: 2012-09-26
出版社/メーカー: 東洋経済新報社
カテゴリ: Book

理論的な側面。全体を俯瞰するために。マックス・ウェーバーの権力分析。

[実況]組織マネジメント教室 (グロービスMBA集中講義)

著者: グロービス
出版日: 2014-07-23
出版社/メーカー: PHP研究所
カテゴリ: Book

上と同じ著者の本。同じく全体を俯瞰するために。

あとで読む

Team Building: Proven Strategies for Impr...

著者: William G. Dyer, W. Gibb Dyer, Jeffrey H. Dyer
出版日: 2007-08-07
出版社/メーカー: Jossey-Bass
カテゴリ: eBooks

その他のキーワード

  • MBTI
  • タックマンモデル
  • トーマス・キルマン衝突モデル
  • SECIモデル
  • ハンロンの剃刀「無能で十分説明されることに悪意を見出すな」